ベジたの備忘録

ブギウギベイベー

2017/6/23 モーニング娘。'17コンサートツアー春〜THE INSPIRATION LV イオンシネマ金沢フォーラス

実習の班員が有能だったために実習が巻き巻きで終わり、ライブビューイングへ行けることとなった。うれぴよ。サンキュー班員。

 

チケットがまだ残っているかどうかだけが不安だったが、映画館へ到着し、無事にチケットを手に入れることができた。うれぴよ。前の方しか残ってなくって首が痛くなりそうだったけど入れただけで万々歳。かえでぃーの写真を購入。

f:id:bejita910:20170701012320j:plain

かえでぃーかわいいよかえでぃー。

 

 

 

ここでセトリがドーン

 

 

 

OA. 就活センセーション / つばきファクトリー

 

01. BRAND NEW MORNING
02. メドレー;One・Two・Three, 〜そうだ!We're ALIVE × Help me!!, 〜恋愛ハンター × 恋愛レボリューション21
03. SONGS
04. そうじゃない
05. 愛の軍団

MC メンバー挨拶

06. 私の何にもわかっちゃない
07. セクシーキャットの演説
08. Tokyoという片隅

MC  小田・野中・牧野

09. シルバーの腕時計 (9期&13期)
10. Give me 愛(10期&13期)
11. Please!自由の扉(11期&12期&13期)
12. 女子かしまし物語 '17 Ver.
13. Loving you forever

MC THE INSPIRATION

14. モーニングコーヒー
15. メドレー;HOW DO LIKE JAPAN? 〜日本はどうでっか?〜,TOP!,ワクテカ Take a chance,いきまっしょい!,Moonlight night 〜月夜の晩だよ〜,What is LOVE?

MC 煽り

16. 青春Say A-HA
17. 君の代わりは居やしない
18. わがまま 気のまま 愛のジョーク

MC 全員挨拶
19. インスピレーション!

ENC

1. ジェラシージェラシー

MC 秋ツアータイトル決定

2. Happy大作戦
3. ブラボー!

 

就活センセーション、初見だったけど超耳に残るのな!!!OAから開演までの間ずーっと頭の中がヨーロシクオネガイイタシマスオーンシャテニセイッパイツクシマスの無限ループだった。卓偉とダンス☆マンのタッグ、流石。パフォーマンスはやっぱりきしもんが目を引くなぁ。スーツをカチッと着こなすメンバー、まだまだスーツに着られてるメンバー、みんなみんなかわいい。

 

開演。まず初っ端BNM、てるてる坊主13期ちゃん可愛すぎるし布を自ら剥ぐ瞬間の高まりったらない。13期が開始僅か数十秒で優勝。フラッグもかっちょいい。モーニング娘。'17さんかっこよすぎるしミズキングダムへ入国したい。お国のために尽くしたい。

 

次、メドレー、すごいやばくない?(語彙の死滅)

リミックスかっこよすぎるでしょ、あの音源そのまま欲しい。切実。モーニング娘。の持つ楽曲数と幅を考えたらリミックスアルバムみたいなの作ってもおもしろそう、というか、アルバム、早く出して。。。。。

 

SONGSの小田さくらさんにはひれ伏したいし、そうじゃないの牧野真莉愛さんには抱かれたい。愛の軍団、モーニング娘。の戦闘力に恐れおののく。ここまでノンストップ。スカウターが爆発した。

 

Tokyoという片隅、この曲を見るたびにまーさくの距離が詰まってる気がするし、いよいよまーさくがめり込むかなと思った。まだ辛うじて距離があった。次の次あたりでまーさくは一つになってしまうと思う。(何言ってんだこいつ)

 

小田ちぇる真莉愛の中身スッカスカMC、端的に言って最高。ほんのさっきまでめちゃくちゃかっこよかった3人は何処へ。

。。8' ー')<真莉愛、味濃い食べ物好きだからアメリカ人かもしれない…

何その発想天才かよ。

 

回替わりの13期×先輩曲三連チャン。13期ヲタワイ、歓喜。中でもシルバーの腕時計はたまらなかった。成熟したウェッティ譜久村さんとまだまだ成長中フレッシュなよこ。いい意味でのこなれ感が出てきたえりぽんと不器用なくらい真面目でまっすぐなかえでぃー。9期と13期の対比エモすぎん?????

 

かしまし、楽しい。「二代目れいなよろしくね」がベストフレーズ。

まーちゃん不在。腰でも痛むのかと心配だったけどどうやらイヤモニの不調だったようでとりあえず一安心。

 

Loving you forever、9期2人の歌い出し、9期の元へ降りてくる10期、後ろに並ぶ11~13期。泣くヲタク。

曲終わりにハルちゃんも泣いてたしMCのあゆみんも若干涙目だったかな。

 

さて、問題のTHE INSPIRATIONのコーナー。このあかねちん、実にやりたい放題である。(いいぞもっとやれ)

ちぇるの恋ポエムと思いきや、いつの間にか始まっていたのはあかねちん得のいしどぅーストーリー、噛ませちぇる。あかねちん監督アカネミー賞受賞おめでとうございます。ヲタクとっても楽しかったです。

 

モーコーでほっこりした後の激アツメドレー、HDYLJのあゆみんなんて背後に不動明王見えたよ。あゆみんの会場全体を掌握する力はすごい。ムンライ冒頭の飯窪さんがめちゃくちゃ綺麗。WiLは流石に盛り上がる。\ワッドゥーユウォン!!!!!!!!/、楽しい。

 

セイアハ、めちゃくちゃつんく。待ってた。つんく~~~~~~~!!!!!!!音源化、待ってます。アルバム出して。

 

「愛されたい!愛されたい!」って叫べるのはモーニング娘。のコンサートくらいでしょう。愛されてぇ愛されてぇ。

 

本編ラストインスピ。目が足りない。(切実)

え、だって、どこ見てもメンバーがワイワイがやがやイチャイチャしてんだもんどこ見ればいいの。ライブビューイングでこれなら現地組はもっと大変なんだろうなぁ。噂の荒ぶるえりぽんとかえでぃーが見られて満足満足。

 

(秋ツアータイトル決定、別に嬉しいお知らせではない問題)

 

Happy大作戦のイントロで泣いたヲタクの数、35億。

何年後かの未来でまた歌うときには「かえでぃー!」「れいなー!」って叫びたいなぁ。でもそれまでにどれだけメンバーの卒業を経るのかなぁ。切ない。

 

オーラスブラボー!とかいう多幸感の過剰摂取。今回は一つ前がHappy大作戦だったので余計に幸せ。後味最高。喉越しスッキリ。

 

途中、はるなんやふくちゃんのMCで新メンバー加入の気配を勝手に感じてはソワソワしてたけど、結局このコンサートでの発表は無かった。ただただ幸せなまま終わった。

 

 

13期の2人がやっぱりすごい。かえでぃーはスタイルが良いのでどこにいても目立つし、よこちゃんはもうとにかくかわいい、アンコールのおでこよこちゃんかわいすぎた。2人とも新人らしからぬパフォーマンスだけども成長の余地は十分にあって、これからがとっても楽しみ。

 

 

と、まぁこんな感じ。8月に北陸でナルチカがあるので行きたいなぁ。

 

 

 

【総括】

・13期すごい

・メドレーめちゃくちゃかっちょいい

・アルバム出して

・次は生で見たい。かえでぃー石川へ凱旋にいつでもおいでね。

 

f:id:bejita910:20170701031653j:plain

 

 

2017/5/22 Buono!ライブ2017 ~Pienezza!~ Lv イオンシネマ金沢フォーラス

実を言うと前日までライブビューイングへ行く気は無かった。だって、お金無いし、お金無いし、お金無いし。。。

 

5月22日月曜日、朝、目が覚めた。快晴。空がまぶしかった。やっぱり、どうしても、Buono!の最後を見たくなった。見なければ一生後悔すると思った。

 

 

Buono!は私のハロプロの入り口だった。

 

 

2011年、世間はAKB一色。私も例に漏れずに48ヲタクをしていた。仁藤萌乃さんのヲタクだった。まあそれはいいとして。

 

ある日それは突然私の目の前に現れた。

 

 

YouTubeでたまたま関連動画に出てきたBuono!のライブ映像を開いた。

衝撃だった。アイドルが、生歌で、こんなにかっこよくパフォーマンスできることが。

 

それからTSUTAYAでアルバム「The Best Buono!」を借りて、聴いた。めちゃくちゃ聴いた。当時は中学生だったが、その3年間で1番聴いたアルバムは多分これだと思う。今でもBuono!曲を聴くと中学時代を思い出す。Buono!は、紛れもなく私の青春だった。

(それからベリにハマり、ハロープロジェクト沼に転がり込んでいったのは言うまでもない。)

 

こんなわけでBuono!は私にとって思い入れ深い存在だった。Buono!のラスト、行かないわけにはいかなかった。

 

ライブビューイングへ行くと決めてからは行動が早かった。ヲタクは推しのこととなるとフットワークが異常に軽くなる。いつもは憂鬱な月曜1限もこの日はそわそわうきうきしっぱなしだった。

 

4限を終え、バス停までチャリで急ぐ。が。チャリが壊れる。バスに乗り遅れる。靴ずれが痛い。挙句、イヤホンは断線する。

 

もう行くのやめようかと思った。可愛い女の子が「これ君の?」って落とし物を差し出してくれるはずもなく、「この世界はろくでもないのでは?」とすら思った。それでもなんとかBuono!曲を聴いてテンションを上げ、次のバスを待って映画館へ向かった。

 

開演から30分ほど遅れて映画館へ着く。丁度PINK CRES.の出番だった。暗がりの中急いで自分の座席を探す。何度も段差で転びかけた。

席について落ち着いたところでカントリーガールズの出番。PBJLのかわいさに感嘆。なんだあれめちゃくちゃかわいいな知ってたけど。続いてリズムに呼ばれる。「パンパンパンパンInstagram」はしばらくツボった。サンキュー山木さん。

 

℃-uteの出番。愛理の色気がすごかった。キスミーはさすがに盛り上がるなぁ。

 

それから、昔の映像が流れ、そのまま楽器を持った3人がステージに登場、そのまま「泣き虫少年」を歌う。この演出には素直に驚いたし鳥肌が立った。「ああ、これが伝説だ…」とひしひしと身をもって感じた。

 

あとはうろ覚えだ。

アコースティックバージョン三連チャンで号泣したとか、本編終盤からはずっと泣きっぱなしだったとか、そんなところ。泣いてばっかだな。

 

映画館は想像よりもおとなしかった。ちらほらペンライト持っている人がいる程度で立っている人は皆無。私も座りながらひっそりキンブレ振ったり拍手したり号泣したりしながら楽しんだ。今も思い出すと目頭が熱くなる。隣に座っていたおっさんと泣くタイミングが尽く同じで勝手に同胞の意識が芽生えた。元気かなあのおっさん。テンションの上がる曲ではおもむろに16ビートを刻み始めるあのおっさん。

 

 

やっぱり寂しい。ここまでブログを書いて寂しさがこみ上げてきた。Buono!のいない世界、寂しいよ。「忘れるなんて無理だけど思い出にもしたくないんだ」なんて彼女たちが歌ってたけど本当に、そのとおりだ。ああ、寂しい。

 

一番最初に泣き出した愛理、それに続いて涙を流す雅ちゃん、最後まで涙をこぼさなかったもも。オーラス曲で3人が寄り添った時、やっぱりBuono!は奇跡のグループだ、伝説のアイドルだ、と確信した。

 

 

 

あー寂しい。書きたいことはいくらでもあったはずなのに、ただただ寂しいとしか出てこない。

ライブは最高だった。彼女たちは最後までロックで、アイドルだった。ほの暗いところの一つもない、最高の終わりだった。だから、余計に寂しい。

 

今なお未練タラタラである。

「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」

きっと、Buono!が初めから存在しなかったら、今の私はこんなに切なく寂しい思いをしていないだろう。

 

でも、それでも、

「散ればこそいとど桜はめでたけれ憂き世になにか久しかるべき」なのだ。

アイドルに永遠なんて無い。(それでも私は彼女たちに永遠を夢見てしまうが)

終わりがあるからこそ、その一瞬が輝かしいのがアイドルなのだ。

 

私はBuono!に出会えたことを誇りに思う。彼女たちを好きになることができて本当に良かった、幸せだ。

だからこそ寂しい。いつかこの寂しさも消えていくだろうが、それすらも寂しい。しばらくはこの気持ちをひきずるだろう。でもそれでいいのだ。この寂しさが彼女たちと出会えた証なのだろうから。

 

 

I NEED YOU いつまでも大好き 君がいても 君がいなくても 想ってる

 

 

f:id:bejita910:20170527000350j:plain

 

 

以下曲毎雑感

1.恋愛ライダー
2.Bravo☆Bravo
3.じゃなきゃもったいないっ!
4.fun fun fun
5.キレイ・カワイ・ミライ

ここから入場


6.ピーナッツバタージェリーラブ

か、かわいい…かわいいの暴力だった。カントリーのライブへ行きたくなった


7.リズムが呼んでいるぞ!

静かだった映画館もこの曲は盛り上がってた

パンパンパンパンInstagram、の破壊力


8.The Curtain Rises

ヘーイ!℃-uteは風格が違った、かっけぇ


9.Kiss me 愛してる

定番曲。盛り上がるなぁ、愛理の色気がすごかった。


10.泣き虫少年

楽器を持った演出に感動。泣き虫ヲタクと化した。


11.JUICY HE@RT

サビにかけての盛り上がりがたまらない。


12.ロッタラ ロッタラ

楽しかった、かわいかった、(うろ覚え)


13.メドレー(Café Buono!~Early Bird~こころのたまご~みんなだいすき~We are Buono!Buono!のテーマ♡)

いやぁ、沸いた。「We are Buono!Buono!のテーマ♡」なんてもう最高。青春。

 

14.ロックの神様

これもまた沸いた、サビが楽しい。

 

15.夏ダカラ!

愛理のセリフがひたすらにかわいくって身悶えた。あんなの反則だろ…


16.うらはら

個人的に好きな曲。表現力が見えた。もものキレイな表情と言ったら、

 

17.Blue-Sky-Blue

「僕が帰るのは 君のいるところ」


18.消失点 -Vanishing Point-(アコースティック)

雅ちゃんが、とても、とても綺麗だった。

「君が淋しいときにだけ 思い出すような僕ならいらない」


19.OVER THE RAINBOW(アコースティック)

愛理~~~~;;;;;;

 

20.I NEED YOU(アコースティック)

言わずもがな、号泣。イントロでもうだめだった。「君のいない世界はねえどんな世界」で崩壊。この曲の歌詞がこんなにも身にしみるなんて。

 

21.Ice Mermaid

前三曲との落差に涙が吹っ飛んだ。かっこよかったなぁ。


23.ワープ!

タオルを控えめに回した


24.Independent Girl~独立女子であるために

あ~好き~~~、ロックなのにしっかりアイドルを保ってるってすごい

 

25.カタオモイ。

個人的に好きな曲。爆沸き。


26.DEEP MIND

かっけーーー!!!!(かしまし工藤ボイス)


27.MY BOY

(うろ覚え)


28.ゴール

終わりを感じてただただ切なくなった。泣いた。

 

EN.1 Last Forever

泣いた。三人共綺麗だった…


EN.2 Kiss! Kiss! Kiss!

もも「このまま目覚ましが鳴らなければいいのに…」で泣いて、愛理のきれいな泣き顔と「Buono!はこの3人じゃなきゃだめなんだよ~」のセリフで泣いて、雅ちゃんももへ…」で目覚まし。ボロッボロに泣きながら盛り上がった。


EN.3 ホントのじぶん

 これも個人的にめちゃくちゃ好きな曲。泣きながら、笑って、最高のラストだった。

 

 

あ~あ。おなかが減ったなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

2017/05/14 Juice=Juice 金沢市文化ホール

Juice=Juice LIVE AROUND 2017 ~NEXT ONE SPECIAL~

 

 

遡ること今年の3月初め。私は無事、入試の前期試験に落ちた。

やけっぱちのままJJのホールコンのチケットを申し込み、無事当選。大学もなんやかんや決まり、今に至る。

 

このコンサートが初めてのコンサート経験になる私はうっきうきで準備を進めた。

キンブレを買い、Tシャツも作った。

f:id:bejita910:20170514215121j:plain

 

 

 

準備の段階で、テンションが鬼のように上がっていた。

 

GWも終わり5月病を患っていた私にとってJJのコンサートに行くことが本当に生きがいだったし救いになっていた。Juice=Juiceがいなかったら私は心が折れていたかもしれない。彼女たちには足を向けて寝られない。

 

いよいよ迎えたコンサート当日、寝坊した。

前日に“遠足前夜の小学生”状態になり眠れなかったのが原因である。

まあ丁度バスも遅れてきたのでモーマンタイ。この世界は捨てたもんじゃない。

 

バスを乗り継いで会場へ向かう。JJの曲を聴きながらコールを予習したりして時間を過ごした。

 

グッズ販売開始数十分前に会場近くのバス停に降り立ち、会場へ向かう。少し歩くとそれらしい建物が見えてきたので一安心。

 

物販列には30人程度。予想以上の年齢層の高さに少し笑った。

 

f:id:bejita910:20170514221445j:plain

f:id:bejita910:20170514221449j:plain

日替わり写真と金澤マフラータオルを無事購入。

 

 

開場までまだかなり時間が残っていたので金沢観光することにした。

 

f:id:bejita910:20170514221635j:plain

 きつねそばを食べた。おあげが美味しかった。佳林ちゃんへ思いを馳せながらそばかりんとうを食した。ごち。

 

 

f:id:bejita910:20170514221741j:plain

人の波にのってフラフラ歩いていくとマラソン会場に着いた。沢山の人の熱気に全く関係ない私もテンションがあがった。ステージでちびっこ達がよさこいを踊っていて微笑ましかった。

 

f:id:bejita910:20170514222041j:plain

 なんとなくそれらしい建物。

 

 

f:id:bejita910:20170514222115j:plain

 申し訳ばかりに金箔が乗ったソフトクリームを食べた。ごち。

 

普通に金沢一人旅を満喫できた。

アイドルのヲタクをやっていなければ、一人で金沢観光なんて絶対にしなかっただろうと思うと感慨深い。アイドルのヲタク、楽しい。

 

 

気がつけばいい時間になっていたので会場へ向かう。

 

開場10分前頃、会場へ着くともうすでにかなりの人が集まりつつあった。

ヲタクたちがワイワイしてる中、着物の貴婦人が時たまその横を通っていく、金沢ならではのそのカオスさには笑った。

 

14:00、開場。

私の席は中通路から3列目の通路側の席だった。一般にしてはなかなか良席。

何よりもステージが思いの外近かったのに驚き。こんなに近いなんて聞いていない。心の準備ができていない。一気に緊張が高まった。心臓が16ビートを刻み始める。ハロヲタたるもの、いつも心に16ビート。

 

ハロプロ各グループのCMが始まる。サンライズジャンプなるものを初めて見た。楽しい。もうこのヲタク達がたくさんいる中に大音量でハロ曲が流れている状況だけで楽しかった。

 

14:30、いよいよ開演。

客電が落ちて、何やらかっこいいOPが流れ始めた。

 

コンサート中のことは正直あまり覚えていない。

 

ただひたすらに楽しくて、ただひたすらに彼女たちはすごかった。

みんなかわいいし綺麗なのはもちろん、5人全員が歌唱メンだったし、ダンスパフォーマンスも思っていた以上にかっこよかった。

 

彼女たちは真っ当なアイドルだった。

紛れもなく「本物」だった。

 

ゆかにゃ。

めちゃくちゃかわいい。MCで時々甘噛みしてるの(早口でごまかす、ごまかしきれてない)がたまらなかった。

世捨ての二番サビラストの「捨てたもんじゃない」の柔らかくて伸びやかな歌声には心が震えた。

ダンスパフォーマンスで一番印象に残ったのもゆかにゃ。彼女が一番綺麗で美しく見えた。

 

かなとも。

コンサート中、8割は彼女を見ていた。彼女を生で見るのは初めてだったが、途轍もない美人だった。腰を使った振りがあるたびにドキドキした。

そしてやっぱり歌がうまい。ピッチの正確さで言ったらかなともが一番安定しているんじゃないかと思う。彼女が歌うたびに私の60兆の細胞が上を向いて背伸びした。

MC中に客席を見ないでバックスクリーンをぼーっと見ていた。かわいい。

 

紗友希。

紗友希のハイトーンを聴くたびに鳥肌が立った。MoLのフェイクなんて涙が出た。彼女の歌は心に刺さる。生まれたてのBLのラストのフェイクのアレンジが聞いたことないそれで最高だった。

降臨の際に近くで彼女が歌うのを見ることができた。端正な顔立ちに見とれたし、一音一音心を込めて丁寧に歌う姿に胸が打たれた。

 

かりんちゃん。

表現力がずば抜けていた。アイドルまんまんなかの表情から、ドキッとするくらいに色気を含んだ表情、少年のように挑発的でクールな表情、子供みたいに無邪気にはしゃぐ表情、曲ごとに違う顔を見せてくれた。

低音から高音までキレイに響くクリスタルボイス、他を圧倒する表現力、客席を盛り上げる最高の煽りとアドリブ、彼女はステージ力は半端じゃなかった。

 

あーりー。

美しい。とにかく彼女は美しい。降臨では生脱ぎを近くで見ることができた。黒い露出が多めの衣装が見えたときのテンションの上がりようったらない。

瑞々しい歌声が印象的。愛のダイビングの「まだ躊躇」がめちゃくちゃに良かった。

パフォーマンス中は綺麗な彼女に見惚れっぱなしだったが、MCになると途端にふにゃふにゃになる彼女のギャップには完敗。

 

 

 終演後、私は今までにない高揚感と満足感に包まれて帰路についた。

 

キンブレを高く掲げて、名前を叫んで、馬鹿みたいに飛び跳ねて、見よう見真似で振りコピして、日常を忘れて全力で楽しむことができた。

これまでのストレスが清算されたし明日からまた頑張る勇気ももらえた。

 

Juice=Juiceのコンサート、最っ高だった。初めてのコンサートが彼女たちで本当に良かったと心から思う。絶対にまた見に行きたいと思った。

 

Juice=Juiceに少しでも興味がある人には絶対に行くことをおすすめする。彼女たちは私達の期待に最高のパフォーマンスで答えてくれるから。

 

それでは私はここまでです、また次回。

 

 

 

 以下曲毎の一言感想

 

01.  地団駄ダンス

シェーのポーズが超楽しい


02. KEEP ON 上昇志向!

フッフーが楽しい

金澤さん魅惑の腰つき


03. この世界は捨てたもんじゃない

出だしのかりんちゃんで優勝

紗友希のハイトーンで鳥肌


 <MC>


04.  銀色のテレパシー

イントロの手を小刻みにピロピロする振りが楽しい

佳林ちゃんと恋がしたい


05.  背伸び

ウォウォウォめちゃくちゃ楽しかった


06.  裸の裸の裸のKISS

佳林ちゃんの表現力が爆発してた、あんなに色気を含んだ表情されたらたまらん


07.  五月雨美女がさ乱れる

かりんちゃんの煽りのすごさ

曲の後の衣装替えタイム、爆発しすぎてて笑った


08.  Feel!感じるよ

大爆発の後に地球平和曲、落差に笑った

みんな歌がうまいのはもちろんだけど良い声質だよな~


09.  如雨露

「君は一人なんかじゃない だって私がここにいるじゃない」でうるっときた

歌詞の良さを再確認


10.  アレコレしたい!

客席降臨!

紗友希とあーりーは間近で見ることができたし、あーりーの生脱ぎも間近で見れた、最高


  (ダンスパフォーマンス)

予想以上に良かった

ゆかにゃのダンスが一番きれいだと思った


11.  ロマンスの途中

イントロで体中の血液が沸騰した

クラップもヲイヲイもサビのフリコピも楽しすぎる


12 . 愛のダイビング

超かっこよかった、歌もダンスも最高にかっこよかった

あーりーの「言葉は愛の中でまだ躊躇」、ゆかにゃの「開くよハート型のパラシュート」

「好きなんだって」の音ハメジャンプが楽しすぎた


13 . 生まれたてのBaby Love

この曲好きすぎてイントロで泣きそうになる

スクリーンで何か可愛らしげなアニメーションが流れてた気がするがメンバーに夢中だったので見れていない

この曲は紗友希がとにかくすごい、最後のフェイクなんか最高だった

間奏の幼稚園タイムが無くなってロマンチックなギターソロが堪能できる仕様になってた

 
 <MC>


14.  愛・愛・傘

「時間が止まればいいなんて 初めて思った」この瞬間、その通りだった


15.  CHOICE&CHANCE

かなとも「グッバイ~」最高

ダンスかっちょいい


16.  GIRLS BE AMBITIOUS

本編で一番沸いた

シンガロングが本当に楽しかった「絶対に!」「この手で!」が楽しすぎた

跳ぶことの楽しさに気づいてしまった


17.  伊達じゃないよ うちの人生は

「迫ってくる月曜」の重み


18.  私が言う前に抱きしめなきゃね

煽りがすごい

オイオイ楽しい


19.  Goal~明日はあっちだよ~

本編ラスト

シンガロングに全力、超楽しかった


  (アンコール)
20.  選ばれし私達

「負ーけないわっ!!」

アンコール一曲目で会場のボルテージがめちゃくちゃ上がった


21.  Magic of Love

「ここだよ朋子」が全力で叫べただけでチケット代の元は取れたと思う

紗友希がやっぱりすごかった、あのフェイクを聞けただけでチケット代の元は取れたと思う。

JJ最高だった、本当に、本当に最高だった。
 

2017/04/30 富山MAIRO こぶしF新曲予約握手会

4月30日日曜日、めちゃくちゃ暑かった、とにかく暑かった。

富山駅へ降り立ち、駅から外へ出た瞬間、マスタード色の長袖Tの上に長袖パーカーを着てきたことを死ぬほど後悔した。

 

電車内で藤丼の握手会欠席のお知らせを確認していた私はどこか気持ちをもてあましながらそのまま富山MAIROへ向かう。

 

富山MAIROは駅から徒歩5分で着く、らしい、ということを事前にググっておいたのでふらふら歩きだした、が、歩けども歩けどもそれらしきものは見当たらない。通信規制のおかげでグーグルマップもろくに使えない。ヲタク、開始早々迷子である。

 

なんとか事前にスクショしておいた大まかな地図を元に富山MAIROへたどり着いた。

思いの外ぼろっちい年季の入った建物で、「え?ほんとにここでこぶしライブすんの?」と勝手に心配になった。ライブハウスなんてみんなこんなものなんだろうか。

 

 

f:id:bejita910:20170508011237j:plain

 

張り紙に、5階まで階段で上れと地獄の注意書き。

 

 やっとこさ5階へたどり着いてCD予約用紙を書き代金を払う。

桜ナイトフィーバー」がかかっていた。私のテンションもフィーバーフィーバーし始めた。

 

 

f:id:bejita910:20170511205028j:plain

 無事に参加券を受け取る。

 

まだ時間が1時間近くあったのでいったん駅へ戻り時間をつぶした。

といってもお金も無いのでひたすら駅のベンチでTwitterを見ていた。Twitterなしでは生きてゆけない。一度や二度握手したくらいで浮かれている自分がこっわ~い

 

頃合いを見て富山MAIROへ戻る。ビル前にはカラフルな人だかりができていた。

 

物販開始と握手開始の時間が同じだったのでヲタクはそれぞれ階段の手すり側と壁側の2列に整列。統率のとれたヲタクたちは綺麗に並ぶ。

 

階段で待たされ数分、いよいよ握手が始まり列が進んでいく。

5階へ着き会場へ入る。前に進んでいくと何らかの隙間(うろ覚え)から野村みなみさんが見えた、かわいかった、かわいい、みなみなかわいい、超かわいい、、、

 

ってか進むのはっえぇ…誰?ライブ前の予約握手は比較的緩いって言ったの??超早い、会話とかそういう次元じゃ無い、早い、

 

気づいたら目の前に広瀬彩海さんがいた

 

か わ い い

 

「応援してます」の凡握手でいこうと計画していたがあまりのスピード感とあやぱんのかわいさにやられて気がついたら「か、かわいい…」と完全に不審者になっていた。

 

広瀬さんとの握手に、ぼうっとしている間に野村さんと小川さんとの握手が終わっていた。何も声をかけることができなかったが、みなみなはやっぱりかわいかったし、れなこはめちゃくちゃ美人だった。

 

次ははまちゃんだった。

 

はまちゃんはすごい。アニメのキャラクターがそのまま画面から出てきたような感慨があった。はまちゃんはCGなのかもしれない。握手したけど未だにはまちゃんがこの世に存在することを信じられていない。はまちゃんはすごい。

 

はまちゃんに圧倒されている間に田口さん和田さん井上さんとの握手も終わっていた。

 

たぐっちは子供だった。かわいい。

らっこの笑顔が忘れられない。癒やし。

れいれい美人過ぎハロプロの未来明るすぎ…

 

 

と、あやぱんかられいれいまで体感3秒、一瞬だった。私の前が寡黙なヲタクだったのもあるかもしれないが本当に爆速だった。

 

握手中にぼうっとするのやめたい。あやぱんとはまちゃん以外のメンバーにはろくに声もかけられなかった。カオナシと化していた。反省点の多い握手となったのでこぶしはまたリベンジしたい。

 

握手を終え、物販列に並ぶ。結局握手は10分ほどで全行程を終えたようだった。

何気に初物販ヲタク、システムが分からず前方のヲタクを凝視。自分の番が来るまでそわそわしながら待つ。

 

いよいよ自分の番が来る。

 

「日替わり、ふ、藤井さんの、、、」

 

コミュ障ヲタクは物販のお姉さん相手にも吃る。

 

何はともあれ、念願の日替わり写真を手に入れ、気が大きくなりジェケニンの缶バッチも買ったりして、ヲタクは帰路についた。

 

メンバーはめちゃくちゃかわいかったし、物販待ちに盗み聞きしたヲタクの「今日人少ねぇなぁ…」という会話に、ライブへ入りたい欲がふつふつと沸いてきたが、如何せんお金が無かったので断腸の思いで断念。大学生、時間は腐るほどあるが金は無い。

 

 

アパートへ帰り、戦利品を眺める。B5サイズの写真、保存方法に困る。

 

f:id:bejita910:20170511215314j:plain

 

 

そんなこんなでこぶしとの握手を終えた。やっぱりみんな超かわいかった。今度は歌って踊るこぶしも見たい。切実にお金が欲しい。

 

それでは私はここまでです、また次回。

 

 

【総括】

・広瀬さん小さかった、抱きしめたかった、

・はまちゃんはCG

・明日の朝 目が覚めたときには 石油王になってたらいいな

 

 

2017/04/11 イオンモール高岡 Juice=Juice(宮崎・高木) リリイベ

 

記念すべき私の初現場のレポを書く。

 

 

4月11日火曜日、その日は休講に次ぐ休講で半ドンだった。

2限を終えて一旦アパートへ帰る。初現場へ臨む緊張とインドア派特有の“めちゃくちゃ楽しみにしていたことも出かける直前になると気が滅入る現象”で昼食を食べる気が起きなかったがなんとかバナナを押し込んだ。

この日は紗友希推しでいくと決めていたので黄色いTシャツも着た。

 

夕方頃にアパートを出て、そこからバスを乗り継いで1時間強、途中、バスが遅れて乗り換えに間に合わなくなりかけてダッシュしたりなんだりあったが、(バスが1時間に1本しかないのが田舎クオリティー)なんとかイオンモール高岡へたどり着いた。

田舎の象徴ともされるイオンだが真の田舎はイオンまで辿り着くことすら大変なのである。

 

イオンモールの中へ入り即迷子になった。

HMVどこ!!!!!

しかししばらくほっつき歩いているとすぐ見つかった。田舎のイオン、広さはたかが知れている。

f:id:bejita910:20170507022420j:plain

この表示だけでテンションのギアが2段階は上がった。早速HMVの中に入る。お店の奥の方に店員と少しのヲタクを見つけて私もそこへ進む。CDの予約用紙を記入して店員から優先エリア入場券と握手会参加券をもらった。

f:id:bejita910:20170507023146j:plain

 Twitterでよく見る紙だ!!!!!!!と、この番号が果たして良いのか悪いのかも分からないまま(入場券はランダム順だった)、ここでもテンションが上がった、初現場、見るもの全てが新鮮だった。

f:id:bejita910:20170507023632j:plain

質問は「今度初めてJ=Jのコンサートへ行きます。見どころを教えてください!」とかなんとか死ぬほど無難なことを書いたが、結局読まれることはなかった。

 

 

この時点でリリイベ開始まで40分近く空き時間が出来た。しかし既に緊張が限界に到達、ひたすら早足でイオンを徘徊する変質者と化していた。

 

結局HMV前のベンチで1人Twitterをして時間を潰した。

 

リリイベ開始15分前、ぼちぼちヲタクがHMV内に集まり始めたので私もその流れについて行った。

 

だいたい4,50人程度のヲタクがいた。ウン十人単位のヲタクを見るのも初めてだったのでヲタクの群れにすらテンションが上がった。

 

このあたりで緊張がピークに達した。店内の音楽が「地団駄ダンス」に切り替わった瞬間の緊張感と高揚感は一生忘れられないと思う。その瞬間から地団駄ダンスは私の中でCrazy 完全な神曲となった。

 

店員の呼びかけとともにヲタクが整列されていく。さながら家畜のようなその姿は実に壮観だった。

 

店員の誘導に従いながら進み、リリイベの位置へつく。荷物を大きな袋へ入れさせられた。

 

リリイベが始まる。店員が何か喋っていた気がするが全く頭に入らなかった。

 

間もなく紗友希とゆかにゃが登場。心臓バックバクのまま拍手で迎えた。

 

 

2人共顔がめちゃくちゃ小さい本当にびっくりちっさハロメン顔ちっさ!!!!!!!!!!!!!

 

 

紗友希もゆかにゃも、恐ろしく顔が小さかった。マジで小さい。意味わからない。めちゃくちゃかわいい。

 

顔の小ささに一通り驚くと、いつも画面越しに見ているあのアイドルが自分の前に存在していることへの感慨で少し泣きそうになった。

すっげぇ、ハロメンって存在したんだ…

 

トークイベは地元のJKの質問が読まれたりして和やかな雰囲気のまま進んだ。その間私は、紗友希とゆかにゃが目の前で話しているどう考えても非現実な様子を受け止め切れないまま、けれど最高に幸せな気持ちでその場にいた。

 

質問コーナーも終わり、サイン争奪じゃんけん大会が始まった。最初は紗友希のサインからだった。まさに“初めてを経験中”なヲタク、ビギナーズラックを発揮し、なんとラスト3人まで残った。しかしここで敗北、サイン獲得には至らなかった。現実そんなに甘くない。でもラスト3人になったときに紗友希がこちらに笑いかけてくれた。紗友希超可愛かった。ヲタクは軽率に恋に落ちたしその笑顔だけで十二分に嬉しかった。ゆかにゃのじゃんけんにはあっさり負けた。

 

じゃんけんコーナーが終わりいよいよ握手会へと移った。近くの女ヲタが「剥がし早いね~」なんて話していたが握手童貞にはそれが本当なのか否かわからない。ただただ緊張しながら、手汗を必死に拭いながら順番を待った。いよいよその時が来た。私の初握手は紗友希だった。

 

私「初めて、来ました」
紗友希「うん!」
私「応援、して、ます」
紗友希「ありがとう〜またね!」

 

来日3日目の外国人のような私の日本語にも紗友希は笑顔で受け答えしてくれた、超可愛かった。さっきの笑顔といい、ヲタクは完全に紗友希に恋に落ちていた。と感慨に浸る間もなくゆかにゃとの握手が待っていた。

 

私「……(ヲタク、言葉に詰まる)」
ゆかにゃ(その間じっと見つめてくる)
私「お、応援、して、ます」
ゆかにゃ「ありがと〜う!またね!」

 

ゆかにゃの握手isすごい。なんかもう、すごい。手を下からふわっと包み込んでくれる感じ、おててふわふわだった。こっちが言葉に詰まっている間もじっと見つめていてくれた。またもや吃り倒すヲタクの言葉もゆかにゃは大きく頷きながら聞いてくれた。独特のイントネーションも可愛かった(石川訛り?)。

 

係員から荷物を返されるも、なんだか実感がわかず、残りの握手の列を見ながら呆然としていた。なぜかそのままMY VISIONの円盤も買った。

 

握手列が短くなってくるとヲタクがリリイベの位置へと集まり始めたので私も近寄る。最前に陣取ることが出来たので最後のヲタクがひたすらループする様子を間近で見ていた。寿司ネタの話をしていた。アイドルとそういうなんでもない話をできるヲタク、すごい。やばい。ただでさえコミュ障私、一生無理な気がした。

 

最後のヲタクのループも終わり、2人は5月の石川ホールコンの宣伝を軽くして、締めの挨拶をしてはけていった。私はでろっでろの笑顔で手を振りながら見送った。

 

圧倒的な非日常を経験した余韻でふわふわしながら帰りのバスへ乗り込んだ。乗客は私1人しかいなかった。夜の田舎は驚くほど人気(ひとけ)がない。

 

座席に座って少しすると初現場の実感が一気に湧いてきて1人でニヤついた。バスに揺られて楽しい余韻に浸りながら忘れないうちにとトークイベのメモを残した。

 

帰りは乗り換えなしに1本のバスで帰った。結局、乗客は2,3人のみだった。

 

バスから降りてアパートへ向かう。外に誰も見当たらないのをいいことに「生まれたてのBaby Love」を口ずさみながら歩いた。元々好きな曲だったがこの時には、この曲マジで今の私のまんまじゃん!!サンキュー星部!!!!、と本気で思った。星部ショウはやっぱり天才だった。

 

 そんなこんなわけで無事に帰宅し幸せなその気分そのままに就寝した。その後1週間はひたすら生まれたてのBLを聴いていた。初現場、控えめに言って最高だった!!!

 

 

 

ここまで文章書くのクッソ疲れた。毎日毎日ブログを書いてる推したちへの信仰がまた深まってしまった。いつもありがとうハロメン。それでは私はここまでです。また次回。

 

 

【総括】

ハロメンは存在した

・握手はすごいやばかった

・生まれたてのBLめちゃくちゃいい曲

f:id:bejita910:20170507044107j:image

 

 

 

以下、トークイベ記録

 

Qどうしたら初めて会う人と仲良くなれるか
ゆ「なにか共通点を見つける、そのペン使い易いよね〜どこで買ったの?イオンモール高岡?わかるめっちゃ行く〜とか」

・J=Jは初めて会う人にあんまりいけないグループ→いや朋子だけじゃない?朋子も向こうからくればいける

 

Qどうやったら歌が上手くなりますか
ゆ「歌うことが好きじゃなかった、好きになることからはじめた
さ「いろんな人の曲を聴くのがいいと思う、目標の人を見つけたり、」

 

モーニング娘。の曲で歌いたい曲は?
バラード系がいい
・J=Jの曲は上からの女の曲が多い、私が言う前なら!とか、だからもっとつらいかなしいみたいな曲がいい笑
さ「Memory青春の光とか」
客「AS FOR ONE DAY!!」
さ「あ〜?それそれ笑(知らなそう)」

 

Q富山のいいところ
「白エビとか」
さ「駅が充実してた、選び放題でよかった笑」
ゆ「あとめっちゃ名刺くれる笑、いつもは大人同士で〜っていう感じだけど私たちにもくれた笑」

 

Q仲のいい遊びに行ったりするハロメン
さ「いない笑休みの日は家にいたい」
ゆ「わかる」
さ「最近おばあちゃんみたいな生活してる、朝早く起きて、千切りキャベツ食べて笑、気が向いたらどっかいって、帰ってまた千切りキャベツ食べて、寝る笑」
ゆ「かななん!あとらLoVendoRのおかまり!事務所でも会うとテンション上がっちゃう笑あとビタスイの萌ちゃん!」

 

Q最近あったラッキーなこと
さ「乗り遅れそうと思ったら電車もおくれていたこと!」
ゆ「紗友希とキャンペーン回れたこと!あんまりなくない?ブログにも書いたけど紗友希はオチを付けてくれるから安心できる」

 

Q毎日必ずすること
さ「えー笑無いな〜」
ゆ「紗友希のすること〜?キャベツの千切り食べるしか思いつかない笑」
さ「毎日3時間くらい歌ってるかな〜」
ゆ「あ〜トータルで?」
さ「そう」
さ「私手術したじゃん?そのとき喋れないし歌えないし大変だった、私から喋ることと歌うこととったら何も残らない笑」
ゆ「紗友希は独り言おおいよね笑」
さ「多いの笑だから家族も気遣って一人にしてくれたのに喋っちゃう」

 

 

ハロプロソート

f:id:bejita910:20170201002158p:plain

優柔不断DDオタクなのでこれやる度に結果変わる気がする

ちょうど3ヶ月前にやったのもあったので貼っておく

f:id:bejita910:20170201002354j:plain

激動で笑った、三ヶ月ってでかいな